投資初心者向け! 株式投資を始める前にこれくらいは知っておこう ~株を始める時はEPSとBPSを知る~

会社の決算が読めない・・・証券会社に出ている決算項目の意味が読めない・・・

割安銘柄、割高銘柄の判別ができない・・・  証券口座を開設して銘柄リサーチをやっていると、決算の欄が目にとまると思います。本日の記事は、会社四季報に出てくる、銘柄の決算の重要な部分を解説します。

<EPSとは何か>

EPSとは1株あたり純利益です。Earnings Per Shareの頭文字ですね。
企業はそれぞれ株式を発行しています。

当期純利益を発行済み株式数で割り算すると、一株がいくらの純利益を生んだか計算できます。
ネット証券に口座開設すると会社四季報が閲覧できるのですが、証券会社が計算してくれているので電卓を叩く必要はありません。

1株益 という表示で書かれているので、EPSは1株益(円)の箇所を見れば分かると思います。
EPSは会社(銘柄)の稼ぐ力です。

稼ぐ力の高い銘柄はEPSが大きいですし、赤字企業のEPSは、マイナスです。
投機(トレード)には直接関係のない話ですが、EPSが分からないと、PER(株価収益率)も計算できないので、知識としては知っておいた方がよいと思います。

PER(株価収益率)は相場の過熱具合の判断に役に立ちます。また、銘柄の割安感割高感を理解する手助けにもなります。

まぁ、単なる割り算の世界ですので、いろいろな銘柄のEPS(稼ぐ力)を見ていると、違った目線で経済を見れると思います。

以上、投機ではなく、投資の雑学となりますが、豆知識として。

次にBPSです。

<BPS>

BPSとはBook-value Per Shareの頭文字です。
1株当たり純資産 と日本語では訳します。

会社には資産があります。土地や建物、自動車などですね。
会社が保有する総資産を発行済み株式数で割り算します。 割り算して出た数字が、BPS(一株あたり純資産)です。

仮にですが、会社の営業をストップし、総資産をすべて売却し、株数で割ってキャッシュ化したらBPSになるわけです。(実際には会社の操業をストップすることはありませんが、仮定の話です)
BPSを応用すると、PBR(株価純資産倍率)が導き出せます。

PBRが1未満だと割安と判断するのですが、
1株あたりの純資産よりも安く買えば、お買い得なわけです。

アベノミクスが始まる前は日経平均は7800円あたりをウロウロしていました。
その頃、日本の優良企業のPBRは軒並み1を割っていたのが記憶に残っています。当時、みずほフィナンシャルグループ(8411)を買っていたのですが、PBR0.28で買ったのを記憶しています。

まぁ、10000円札を2800円で買ったようなものです。当時は就活自殺や大手のリストラなど、「いかにも不景気」というような記事が紙面を覆っていた時代でした。

PERやPBRだけで稼げるとは言いません。ただ、今がどういう相場なのか、過熱気味なのか、徹底的に冷え込んでいるのか、くらいの判別はできます。

ネット証券は親切で、会社四季報を買わずとも企業決算を見せてくれます。PERやPBRなど電卓を叩かなくても表示してくれています。

あくまでダウ理論を使って、トレンドに乗っていく、これが普通の収入の人の利殖の王道です。
PERやPBRは投機(トレード)ではなく、投資ですから、お金持ちの取り組むことです。入門用に投資雑学として、PER、PBR、EPS、BPSの記事を書きましたが、あくまで雑学にとどめておいてください。

書店に行くと、投資本(トレード本ではない)が随分出回っています。

庶民の資金量で投資に取り組むと、深い迷宮に迷い込みます。決算書の読み方やバフェット本など投資の世界にハマらず、投機・トレードのトレード本、テクニカル分析の本にあたってくださいね。

関連記事

  1. 株FXで儲かるために、途中で挫折(=失敗)してはいけません!株FX初心…

  2. <入門!>FXチャートの見方  ~株を始める初心者がまず初めに読むおす…

  3. CFDについて  ~稼げない時期の過ごし方を学ぼう~

  4. 配当金と株主優待  ~株の初心者は株の銘柄を配当や株主優待で選ぶべから…

  5. 売買ルールを作る! ~利益の出る売買ルールの作り方!~

  6. 株で儲かるために、株主資本が効率的に使われているか知っておこう ~RO…