株・FXのデイトレで勝つコツ  スイングトレードで稼げるけど、デイトレードで勝てない人へ  ~フラクタル構造が頭に入ってないと稼げないよ!~

この記事はマルチタイムフレーム分析はできているが、デイトレードで稼げない、デイトレが難しいって感じている方のための解決記事です。

※)この記事は約2分で読めます。

結論!)

デイトレードは沢山の技術が問われる

相場のフラクタル構造が頭に入っているか

テクニカルとテクニカルの矛盾をさばけるか

時間足と時間足の矛盾をさばけるか

いやらしい値動きも多い(マーケット・ノイズ)

手数が増えると、射幸心を煽られるため、平常心を奪われやすい(ギャンブルへ堕落しやすい)

自己制御能力まで問われる

日足売買はテクニカルが信用できるので、経験上がるまでは、日足で頑張るのが脱落しにくい

詳細は紹介した動画で解説しています。ぜひ、学んでください!

日足売買(スイングトレード)で稼げない人は、実はデイトレードで稼げない。

株本や株雑誌で忙しくデイトレードしている人になりたい。沢山注文出す人、かっこいい! 忙しく注文出している方がプロっぽい。

たくさん勝てば効率よく資金量が増えていきそう!

相場の世界に来ると、たくさんのディスプレイを用意し、忙しく注文をまとめている人を見ると、有能そうに見えますし、「自分も!」と憧れるものです。

で、スイングでは稼げるけど、デイトレにしてみると、急に負け始めたりします。

今日の記事は、スイングなら稼げると、時間足を短くしてデイトレにすると、急にダメになる人向けの記事です。

<本日の記事を読む利益>

・デイトレードの難しさと、日足トレードの違いが理解できる

・デイトレードで稼げない理由がわかる

・日足売買(スイングトレード)の良さが理解できる

・相場そのものへの理解が深まる ←フラクタル構造

Q) 私の場合

デイトレで、ここが今日の高値目途だ、ここで売りから入ろうとすると必ずと言っていいほど、株価はもっと上がっていきます。

同じくデイトレで、よし、ここが今日の下値目途だ、とここから買いで入ると、これまた必ずより下がっていきます。

つまりデイトレで儲かった体験はないのです。

一方において

オーバーナイトさせるやり方には強いのです。

引け間際に、狙った銘柄に対し、その日の為替・値動き・個別ニュース、週足、月足、その他データを吟味しながら、買いまたは売りで入る。
そして、翌朝のナリで手離す。

いい思いをさせてもらってます。

でもこれだと1日1回しか売買できません。

お尋ねします。

デイでは9割以上が負けているといいます。9割5分かな?

デイで勝つコツはあるのでしょうか?

デイトレで稼ぐためには多くの物が要求されます。特にマルチタイムフレーム分析です。

A) スイングトレードでは稼げるけど、デイトレードで稼げない方ですね。昔の私がそうでした。スイングトレードといっても、夜間取引をまたいで、翌朝の寄り付きでポジションを閉じているようですので、スイングにしてはポジションをホールドしている時間が短い部類ですね。

読む感じ、マルチタイムフレーム分析はできている感じがします。

週足、月足、その他データを吟味しながら、買いまたは売りで入る。  ←この辺りですね。

デイトレードで稼げない人は、相場のフラクタル構造が頭に入っていません。

スイングトレードは、相場のフラクタル構造が頭に入っていなくても、何とかなってしまいます。

<フラクタル構造>

個は全体、全体は個。

フラクタル=自己相似ですね。

実は相場といのは、自己相似になっており、トレンドの中に、トレンドがあります。

この、全体と個の間の相似関係が頭に入っていない間にデイトレードに挑戦すると、毒の沼地ですね。(ゴールドと相場師のHPを持ってかれます)

<初心者時代のデイトレード イメージ図>

短期時間足の難しさがデイトレを難しくしています。

加えて、デイトレードは、4時間ならまだしも、分足あたりになってくると、テクニカルそのものが怪しい。テクニカルの精度が低い。テクニカルに「裏切られた感」が多く、「ガッカリ感」がたまる → ストレス溜まる  →ストレス発散の一発逆転を狙いたくなる  →資金量上げる  →トレードからギャンブルへ堕落する

こういう「あるある」は相場師なら1度は体験すると思います。

また、デイトレードは上ヒゲ、下ヒゲが結構、いやらしい値動きしますから、結構 マーケットノイズに自分のポジションを狩られます。

他にもあります。デイトレを難しくしている原因。

質問の末尾に、

デイでは9割以上が負けているといいます。9割5分かな?

デイで勝つコツはあるのでしょうか?

こういう部分がありますが、多分ですが、デイトレで負けるのは

射幸心を煽られているからです。

競馬や宝くじ、競艇やパチンコも同じだと思いますが、東証や新興市場、外為市場は射幸心を煽られます。

スマホゲームやネトゲの課金でも射幸心を煽られると思いますが、東証や外為市場も射幸心は負けていません。

テクニカルそのものは、そんなに難しくありません。チャート本を読んだ通りです。テクニカルよりも、難関大や難関資格のほうが難しいと思います。

身も蓋もない事を言っちゃうと、テクニカルが悪いから損しているんじゃなくて、トレード → ギャンブルに堕落しているから負けてるわけです・・・

という事なのですが、経験浅い時期は、自分の心の余裕の無さが資金を減らしている事に、意識が向かいません。(犯人探しをテクニカルに求めている時期です)

また、この時期は、後になって考えると、ほろ苦い思い出なのですが、今がその「真っ盛り」の時期は、大変辛い思いをします。

デイトレードは難しいです。テクニカルとテクニカルが矛盾をしたら、矛盾をさばけない時期ですし、時間足と時間足が矛盾したら、矛盾をさばけない時期です。

加えて、射幸心を煽られるため、自己制御の能力まで問われます。デイトレードはハッキリ言って負荷の高い売買なのです。

デイトレのやり方を紹介した動画を教えます。

デイで勝つコツはあるのでしょうか?  ← 有ります。動画でまとめていますので、ご参考下さい。

マルチタイムフレーム分析

本格的にデイトレードでの稼ぎ方を学びたい方は私の教育講座にて御縁ができます。

結論!)

デイトレードは沢山の技術が問われる

相場のフラクタル構造が頭に入っているか

テクニカルとテクニカルの矛盾をさばけるか

時間足と時間足の矛盾をさばけるか

いやらしい値動きも多い(マーケット・ノイズ)

手数が増えると、射幸心を煽られるため、平常心を奪われやすい(ギャンブルへ堕落しやすい)

自己制御能力まで問われる

日足売買はテクニカルが信用できるので、経験上がるまでは、日足で頑張るのが脱落しにくい

詳細は紹介した動画で解説しています。ぜひ、学んでください!

日足売買(スイングトレード)で稼げない人は、実はデイトレードで稼げない。

本日もブログをご覧下さり誠にありがとうございます。

応援クリックにご協力くださいまうすと、ブログ更新の励みになります。

関連記事

  1. 指標トレードは売買の王道から外れている。 ~FOMCと米国雇用統計を利…

  2. FXチャートの見方について ~相場は本当はシンプルではないのか?~

  3. FXチャートの見方を解説! レンジの場面  ~上下のトレンドでしか稼げ…

  4. <稼ぐ手法ってこれ以上シンプルにできないよ!> 株の初心者からの問い合…

  5. FX取引でいくら稼ぐの!? FXのコツ ~株やFXで稼ぐ倍率は税理士く…

  6. 株・FXのチャートの見方を解説 ~株のチャートが信じられない、テクニカ…