株の売買・FX取引で稼げる人と破産する人はここで別れる! ~資金管理が運用で1番大事!~

こちらの記事では、株やFXで破産する人の特徴を書いています。大損する典型例と、失敗談から来る不幸の予防策、具体的に言うと資金管理の記事です。儲かる以上に売買において大事な事がある!と強調する記事です。

<こんな人におすすめの記事>

・不幸になりたくない方

・破産したくない方

・大損したくない方

・失敗したくない方

・最近利益確定が続いていて、天狗になっている方

我々は株やFXの売買を行うのは、儲かるためであって、断じて大損や破産を為す為ではない!

我々トレーダーは道楽で株を取引しているわけではありません。娯楽で為替取引(FX)をしているわけでもありません。

儲けるために取引をしているわけです!

ですので、利食いで大きく稼ぎたい!と思うのは自然なことですし、私も1回の利食いで大きく稼ぎたい、という思いは体験しています。しかし、

大きく稼ぎたい!という気持ちがトレードの成績をボロボロにします。経験浅い間はわかりにくいのですが、トレードに100発100中はありません。トレンド転換は必ず経験します。

トレンドが継続している間は稼げますが、トレンド転換をすると稼いだ利益を吐き出します。どれだけ手法を研究しても相場師は勝率を100%にはできません(人間業ではありません)

トレードで儲かる人と、トレードで大損して失敗して破産して不幸になる人の差は、この1点

トレードで稼げる人とトレードで破産する人は、この1点が分けます。つまり・・・

大きな資金量をマーケットにさらすか、小さな資金量をマーケットにさらすか、の違いです(これを資金管理といいます)

トレードで破産する人は、大きな資金量を相場にさらす人です。トレードで稼げる人は小さな資金量を相場にさらす人です。

どれだけ株の勉強をしても不確実性(リスク)を支配下に置けません。我々相場師は、どれだけ株の勉強をしても不確実性の支配下に置かれます。

大きな資金量で相場を張ると、不確実性がマイナスに働いた時に、相場師から理性を奪います。損切しなきゃいけないポイントで損切りできなくなるのです。

人間の大脳は強烈な負荷(ストレス)が掛かると、理性が効かなくなる仕組み

人間が進化の過程で 動物 → 人間になりましたが、人間の脳には動物時代の名残が残っています。損切が遅れて損が大きくなると、動物脳が与党になり、理性能(人間脳)が野党に転落します。

人間の理性は簡単に野党に転落します。禁煙に失敗するのも、ダイエット中にケーキを食べちゃうもの、三日坊主で終わるのも、「動物脳」が原因です。(人間の理性などたががしれています)

相場の秘訣は「人間から理性を奪うような大きな資金量で取り組まない事」です。

相場の秘訣は「人間から理性を奪うような大きな資金量で取り組まない事」です。

重要な事なので、もう1度書きます。

相場の秘訣は「人間から理性を奪うような大きな資金量で取り組まない事」です。

資金管理が徹底されていると、損切した後の減った余力のリカバリが楽ちん

加えて、資金量を下げると負けた時の損が小さいので、リカバリが簡単です。つまり、財布に優しいのです。具体的に言うと・・・

損切で終わったとしても余剰資金の-2%で済むように逆算して購入株数を決める ということです。(初心者は-1%)

これを資金管理ルールと呼びます。(株取引、先物取引、為替取引で1番重要な1点です。ここで勝敗が分かれます

本日の動画は、トレードで破産する人とトレードで稼ぐ人の決定的違いを語っています。

私のブログの中で、1番重要度の高い記事です。

資金を減らしている中級者にとっては気分的に楽になる話も織り交ぜていますので、最近株を始めた方も今修行中の中級者の方も御覧ください。

動画のどの辺りで重要ポイントを語っているか、探してみてくださいね。

最近トレードでスランプが続いている方も、資金管理を見直すだけで、元の調子が戻って来ますよ!

<動画を視聴する利益>

勝敗を分ける1点が学べる。

43分10秒の時間を下記の動画に捧げるだけで、チャート上での大不幸があなたから逃げていきます。

まだまだ有ります。失敗の罠。

自分は絶対に失敗したくない!不幸にだけはなりたくない! という人はこちらです。

メルマガに登録すると、破産予防の具体的なメカニズムを特典動画として配布しています。

応援クリックにご協力くださいますとブログ更新の励みになります。