FXチャート解説! レンジの場面  ~上下のトレンドでしか稼げない人へ!~

ジャンジャンバリバリ、一方向に上がってくれないと稼げない・・・いつまで「もみ合ってんだ!」早く抜けろってんだ!

相場師やってると、「あー、もう! 早く噴火してよ!」と思うことはしょっちゅうです。

レンジが得意な人とレンジが苦手な人がいますので、本日の記事は、レンジが苦手な人向けの記事です

<本日の記事を読む利益>

・もみ合いの時期の過ごし方が学べます

・レンジが発生している時期、他のトレード商品をちら見する大事さがわかります

・初心者向けに証券会社選びの参考になります

・悩んでいるのは自分だけではない、とわかります

<本編ここから>

Q) 現在FXをしている者なのですがレンジの事について是非教えて頂きたい事があります。

FXではやはりトレンドが出ている時はトレードし易く感じるのですが、トレンドの出ていないレンジの時に負けてしまいます。

その為レンジ用にボックストレードや逆張りを調べて色々試しているのですがいまひとつ、うまく勝てる様になりません。

だからレンジの時はトレードしないという方針で考えているのですがレンジがどこまで続くか、どうやってレンジの長さを読んでいるでしょうか?

またお使いの方法でレンジの長さを読める精度はどの程度のものでしょうか?

是非教えて頂ければと思います。よろしくお願い致します。

A)気になる部分を赤い字に修正しておきました。

レンジが苦手な人はいらっしゃると思います。多分、レンジが得意な人より、レンジが苦手な人のほうが多い気がします。

<レンジ ボックス相場 横ばいトレンド>

相場には、横ばいと縦が有るわけですが、株の売買、FXの秘訣の一つに、

 

精神負荷の低い相場で注文出す

 

というのが有ります。私は昔、レンジでしか稼げませんでした。で、横ばいで稼いだ分を、縦の相場で吐き出す! ということを延々とやっていました。

質問は、私と逆の方ですが、レンジが苦手ならレンジをやらなくて大丈夫です。休むが正解です。

レンジがどこまで続くか、どうやってレンジの長さを読んでいるでしょうか?  ←これは人間の知恵を超えています。レンジがどのくらいの期間継続するかは、相場の神様が決めることであり、人間の決めることではありません。ヘッジファンドも大手金融の売買担当者も、誰もが手探りです。

 

ですので、過去チャートを検証ソフトでバックテストしてみて、1回、レンジが発生したら確率的には〇〇波動出ることが多い

 

という統計を取るしか人間にはできません。

 

まぁ、レンジがイヤなら無理してレンジで売買する必要もないでしょうが、レンジはいつか抜けますので、レンジが抜けるまでの間は、別の通貨ペアを探す、CFDや日経先物など、上下のトレンドが発生している、自分の精神不可の低い値動きの投機商品を売買する、これが秘訣の1つです。

 

実際、縦のトレンドが発生していない時期は珍しいです。どの投機商品も、全部が横ばいのレンジ って時期は極めて稀です。

 

為替がダメならCFDとか探してみるのも賢明な判断です。

 

この辺りは証券会社の取扱金融商品の豊富さが大事になってくると思います。できれば、個別株、為替、日経先物、CFDなど手広く扱ってる会社を使うか、証券会社間で資金を迅速に移動できるようにしておく。(証券会社のメインとサブを用意しておく)

 

取扱の豊富な証券会社を使うか、証券会社間を資金移動させれば、トレンドが発生していません! すべての金融商品がレンジです! という時期は珍しいです。

 

値動きの相関性の高い商品もありますし、値動きに相関性の低い商品も有ります。(例 日経平均株価と、USD/JPY ファーストリテイリング 9983 などはかなり相関性高いです)

 

どれだけ金融商品を探しても、上下のトレンドの投機商品が見つからなかった場合、相場の神様から、「売買を休むように!」というメッセージが出ています。

 

相場のことは相場に聞け! という私の好きな「ことわざ」があるのですが、休みましょう! というメッセージもたまに相場の神様が送ってくるので、その折は、相場の神様に従いましょう。

 

相場の神様に従った時、相場師は稼がせてもらえます。

相場の神様に逆らった時、楯突いた時、相場師は資金を減らします。

 

またお使いの方法でレンジの長さを読める精度はどの程度のものでしょうか?  ← そもそも無いですね。方法が。レンジトレーダーなら、レンジに付き合っていく、レンジが抜けたら、損切注文を出して、資金を減らす。上下のトレンドが好きな人なら、レンジ商品は見送って、CFDや個別株、他の通貨ペアなどを探して、上下のトレンド発生している商品を売買していく、というのが定石となります。

 

それでも上下のトレンドが見つからなければ、相場の神様のご神託に従って、休みましょう。売買日記を読み返す、チャート本読む。検証ソフト回す、など時間の有効活用ですね!

 

結論!)

レンジが精神負荷が高いなら、無理してレンジで売買しないでもよい(トレンドフォローとレンジの二刀流は焦らなくても良い)

レンジではなく、上、下のトレンドを探せば、別の投機商品で見つかったりする

値動きの相関性が高い商品と、値動きの相関性が低い商品がある

すべての金融商品がレンジ! という時期は珍しい

取扱商品の多い証券会社を選ぶ or 複数証券会社で資金移動する

どうしても得意な値動きが見つからなければ、休む(相場の神様の指示に従う)

取扱商品のラインナップは証券会社の評価サイトなどで確認できます

 

関連記事

  1. 株・FX・先物チャートの見方 ~日足が下降トレンド、60分足が上昇トレ…

  2. 株・FX初心者向け 出口戦略について ~バックテストしないで利益確定な…

  3. <稼ぐ手法ってこれ以上シンプルにできないよ!> 株の初心者からの問い合…

  4. FXチャートと反転反落  ~トレンドはフレンド、しかし悪友も居る!~

  5. FXはうまくいかない、と言われますが、具体的にどこでうまくいかなくなる…

  6. <株の初心者向け> 株で失敗した、株で破滅した・・・何で?  ~お金を…