株・FXのトレンド終了・転換をどうやって事前に判定するか!? ~MACDで大丈夫です~

本日の記事は、株やFX、先物取引の初心者や素人が、稼ぐためにトレンドに乗ろうとしたら、トレンド終了だった、転換局面だった、その事前予測の記事です。

株やFXの初心者がMACDやその他のインディケーターの学習に習熟すると、トレンド終了や転換に敏感になって、逃げ上手、転換を利用して稼ぐことができるようになり、そういう実力差が、証券口座の余力の格差なんですよ、という記事です。

※)本日の記事は約2分で読めます。

トレンドフォローが好きだ。逆張りは好きじゃない。そうはいっても損切は辛い・・・

トレンドには必ず寿命が来る。トレンド終了や転換を利用して稼げるようになろう!

損切は回避できないと分かってはいても、トレンドの終了とトレンド転換が怖い・・・

私は経験浅い時期は、レンジ売買ばかりやっていました。

レンジ売買は勝率高いので、利食いが連続して、天狗になって、上昇トレンドや下降トレンドでレンジで儲かった資金を溶かしていました(笑)

今となっては笑い話ですが、もともとがボックス相場やレンジ取引が好きな人間でして、ハッキリ言って逆張りです。

で、トレーダーとして次のステージに行くために、上昇トレンドや下降トレンドに挑戦したわけですが、トレンド転換が怖いわけです。

トレンドに付き合っていくという事は「チキンレースに付き合う」という事ですから、

どこかのタイミングで、ジョーカーを引き、自分が1番おめでたいヤツになるわけです。

本日はトレンド終了と、トレンド転換の記事にしようと思います。

<本日の記事を読む利益>

・テクニカルの学習の大事さが理解できる

・インディケーター不要論に決着をつける

・チャートの見方を勉強できます

<本編ここから>

冒頭で軽く書きましたが、元々が逆張りの人間です。で、上昇トレンドや下降トレンドでも稼げる人間にステージアップするために、最初にトライしたのが、「押し目買い」「戻り売り」でした。

今となっては「押し目」「戻り売り」にはかなりの自信がありますが、始めて「押し目」が取れた嬉しさは格別の物がありました。

<押し目買い イメージ図>

※)丸の部分でエントリー 狙っていく値幅は四角の部分

押し目買い、戻り売りは本日の記事のメインではないので、これ以上は省きますが、トレンドに付き合っていく、上昇トレンドなら、買いで入る、下降トレンドなら空売りする、この売買をトレンドフォローと呼びますが、トレンドの怖い所は、いつか転換するところです。

<MACDを使って、トレンド終了・転換を事前に予見できます>

本題のトレンド終了、トレンド転換は動画の解説でチャートを見ながら解説しようと思いますが、まずはインディケーターについて私の考えを述べたいと思います。

インディケーターは結論言うと、無くても稼げます。しかし、かといってインディケーターの勉強はコスパ悪い、と言い切ってしまうのも違う、と思っています。

インディケーターの勉強をした人間が、インディケーター無しで取引するのと、インディケーターの勉強を省いた人間がインディケーター無しで取引するのとでは、

やっぱり実力が分かれる

こう思います。

インディケーターは無くても稼げるんですが、勉強しなくて良いって訳じゃありません。

相場師としての実力の差が証券口座の格差。

インディケーターを勉強した経験のある相場師 →ベジータ(地球襲来編)

インディケーターを勉強した経験の無い相場師 →ナッパ

これくらいの格差があるように思います。

やっぱり実力に格差があると証券口座にも格差が出てしまうわけで。

インディケーターなんて不要だよ? というのは、インディケーターを卒業した人間に言う資格の有るセリフだと思いますね。

色々なインディケーターを学び、複数の意味を組み合わせて、トレンド終了・トレンド転換に敏感になるしかない

横着せずに謙虚に有名所のインディケーターを勉強して、インディケーターを卒業すると、実力そのものは向上する気がしますね。

ちょっと話が逸れましたが、インディケーターの勉強には長所もあります。では、トレンド転換・終了はMACDを使って事前判断ができます。

MACDは色々と利用法がありますので、是非MACDに習熟してトレンド転換やトレンド終了に敏感になってくださいね!

MACDに限らず、あらゆるテクニカルには意味があります。

酒田五法には酒田五法の意味があり、理解ができれば、群集心理の思惑が見えます。

ボリンジャーバンドにはボリンジャーバンドの意味があり、その意味が分かれば大衆の思惑が見えます。

テクニカル、その意味が理解できれば、チャートの向こう側に居る人間の思惑が見えます。

しょせんトレードというのは、チャートの向こう側から資金を吸い上げる行為です。

チャートを見ても意味が拾えない、相手の思惑が見えない、というのは証券口座にとって致命的です。

僕の資金を吸い上げてください!というのと同義ですから、テクニカル分析を学び倒して、チャートの向こう側にいる人の思惑が透けて見えるまで己を高める、ってのは稼ぐために大変重要な事です。

横着しないで、1個1個学びを増やして自分の実力を高めていく。

儲かるのはその後ですよ!

負けていく相場師は、実力を向上させる努力は省いて、儲けだけを狙っているのです。

つまり性急すぎるのです。

そういう横着野郎には、相場の神様は資金吸い上げという厳罰で臨みます。

稼ぐという結果が欲しかったら、その結果にふさわしい実力を身につける

受験だろうが、野球だろうが、職場だろうが、結果に相応しい実力ってmustです。

トレードの世界も例外ではありません。(まぐれを除く)

飛び級もない、近道もないって部分は、他の世界と共通している部分です。

横着しないで1個1個学び、1個1個卒業していく。

一見遠回りに見えて、実は1番の近道なのです。

※)私のブログを隅から隅まで読みますと、確実に相場師としての実力は向上致します。

応援クリックにご協力いただけますとブログ更新の励みになります。

※)MACDって何? という入門期の方はこちらの記事で勉強できます。

※)もっと自分の売買の実力を高めて稼げるようになりたいです!って人はこちらの記事がおすすめです。

関連記事

  1. <初心者向けFXチャートの見方> 本当に自分は稼げるようになるのか!?…

  2. 初心者が稼ぐために、株やFXの売買のタイミングをどう考えるか  ←グラ…

  3. fx初心者が失敗を避けて専業トレーダーになりたい、と思ったら読む記事

  4. チャートの見方を解説! 未来ローソク足が見えないため、自分のポジション…

  5. 株の入門 日経平均株価の寄り付きを予測する上での参考指標は!?  ~マ…

  6. <初心者向けチャートの見方>失敗例紹介! 株と為替は勢力図の判定に失敗…