稼げない初心者のための、FXの移動平均線の見方について  複数時間足で、どうやって売買をしたら良いのか!?

Q) FXのデイトレードをしていてここ3ヶ月1回も勝っていなく破産寸前です。FXをはじめて4ヶ月で2回しか勝てなく50回くらい負けが続いて300万以上損しています。勝っている人は何分足でエントリーしているのでしょうか?

自分は日足、4h、2h、1h、30m、15m、10m、5mを見ていますがどこを基準にエントリーしていいのか分からずに悩んでいます。

A)  心中お察しします。 結論を先に書きますね。

①順調です

②売買を一旦、停止しましょう

③資金量を下げてください

④手数を減らしてください(厳選に厳選を重ねて、約定させてください)

⑤マルチタイムフレーム分析を勉強するべきです

⑥エントリー基準を勉強するべきです。(本日の記事では移動平均線の見方を含めて、解説しようと思います。)

 <本編ここから>

①負けまくるのは、順調です。 ここで、あのテクニカルも駄目、このテクニカルも駄目、あの時間足も駄目、この時間足も駄目! と駄目駄目のグダグダ人生を送る時期っていうのは、実は全員にあります。

過去記事になりますが、この時期の方ですね。 株やFXの口座を解説して、1年未満というのは、はっきり言って見習い期間であり、試練を味わう時間です。ですので、順調に試練をこなせています!

 ②売買を一旦停止しましょう。  ←まず、持って欲しい考えですが、株やFXの世界は、一般の世界とは、大きく異る世界です。(←ここ大事!) どんな感じで異なるかは、過去記事で書いてきたので割愛しますが、例えばですが、一般の世界では、勤勉になれば勤勉になるほど、物事がうまくいく世界です。 例えばですが、営業電話10本かけた営業マンと、営業電話100本かけた営業マンなら、後者の方が成績が良いわけです。 100時間勉強した受験生と10000時間勉強した受験生なら、後者の方が成績が良いわけです。

 

 一般の世界は、勤勉であれば勤勉であるほど、成績は好成績となります。

 

対して

 

 投機・トレードの世界は、勤勉になれば勤勉になるほど、ムキになります。

 

そして、ムキになったトレーダーというのは、決して良好ではないpointで約定させたり、ナンピンしたり、ロスカットしなかったり、飛びついたり、とまぁ

 

  散々な成績で終わります

 

ですので、勤勉に約定させれば約定させるほど、証券口座は好成績になるはずだ! という一般の感覚は捨てて、投機の感覚に切り替えてください。 投機の感覚とは、つまり

 

   勤勉な約定、活発な取引、手数の多いトレードは、好成績を約束しない! 

 

という感覚です。

 

具体的なことを言うと

 

A) 分足や1時間足、4時間足など、デイトレードではなく、日足トレードにして、売買の回転数を落とす  ←ムキになりにくい(勝った負けたで熱くなりにくい)

B)  分足や1時間足と比べて、日足のテクニカルは機能する確率が高い。日足の下値支持線や上値抵抗線は仕事する確率が高い

C) 絶好の損益比率の間合いまでローソク足が近寄ってくるまで、売買はしない。無駄に手数増やして、損切って、証券口座を傷つけない

こういう点が大事です。

 

無駄に手数増やす  → 損切が増える  →熱くなる  →証券口座をリカバリしようとする  →資金量上げて1回の利益確定で証券口座をリカバリしようとする  → テクニカルが仕事しない

→脳内がパニックになる   →損切できなくなる  →証券口座がボロボロ・・・

 

これが、FXデビュー1年目に味わう挫折の典型例です。

 

経験から物を言いますが、儲けることに執着するのはやめてください!  自分の売買ルールを守ることに執着してください!

 

執着をずらしましょう!(こっちの方が成績が良いです)

 

稼ぐ事に執着すると、株取引、FX取引というのは、極端に難しいゲームになります。

 

自分が用意したセットアップになるまでは約定させないぞ! という1点に執着すると、売買は不思議とうまくいきます。

 

これはつまり、自制心や規律、という問題になるわけですが、トレーダーは、ある程度のステージに届くと、売買ルールなんかよりも、規律が大事! というステージに届きます。

 

売買ルールという課題を卒業した後は、規律の世界です。

    

  ③資金量を下げてください    ←資金量を上げると、人間から簡単に理性を奪い、人間をムキにします。 最近、「煽り運転」が問題となっていますが、高速道路でムキになって、警察のご厄介になる人もいるわけです。

 

で、金融市場というのは、ムキになりやすい世界であり、高速道路を走るのと同じくらい、注意が必要なわけです(東証や外為市場は危ない所です)

 

資金量を上げると、ムキになり、いつもの自分ならやらないことをやらかして、金融市場であおり運転をし、玉突き事故を起こします。だから資金管理が大事なのです。

 

 ④手数を減らしてください(厳選に厳選を重ねて、約定させてください)  ←良好なエントリーポイントはそんなに頻繁に来ないので、実際は、損益比率が良好な間合いにローソクが入ってくるまで待機。

 

トレーダーの仕事は待機です。 そして利益確定というのは、待機したご褒美です。

 

⑤マルチタイムフレーム分析を勉強するべきです  ←個人的な体験から、デビュー4ヶ月でデイトレードは敷居が高いように思います。 野球部に入部して4ヶ月で甲子園で優勝したいです! に近いものがあり、甲子園で優勝する前に、地区大会で優勝しなくてはいけません。  トレード界の地区大会はスイングトレードであり、つまりは日足売買です。

 

この日足売買で何とか稼げるようになってから、デイトレードやスキャルピングなど、短期売買に手を出すべきですね。経験から。

 

なぜなら、日足トレードのテクニカルは仕事しやすいし、複数時間足の矛盾を捌かなくて済むからです。  まずはマルチタイムフレーム分析を学ぶべきですし、マルチタイムフレーム分析を学ぶ前に、スイングトレードであらゆる相場を体験するべきです。

 

もみ合いの相場、上昇トレンドが行き過ぎて、反落する相場、もみ合いから一方向へと放れる相場、いろいろとあります。

 

相場には、色々と種類があるんだな・・・  と体験をする時期です。1年目は。 1年経つと、売買の経験が上がり、一通りの相場環境は体験として学べます。

 

で、この体験から学んだ学習というのが宝で、こういう相場はこの手法がうまくいくな・・・とか、こういう相場に変化しちゃうと急にこの手法が駄目になるな・・・とか

こういう体験からの学びが実はプライスレス です。

はっきり言って、相場の世界に飛び級はないので、1年目はひととおりの相場環境を味わってみる。 この相場環境は精神負荷が高いな、、、とか、あー オシレータはこういう相場環境だとゴミだね・・・とか

 

体験こそが宝であり、自分の肥やしとなる時期であり、立派な下積み時代です。ここで腐らずに相場から離れていかないことが、資金管理の次に大事です!

 

 ⑥エントリー基準を勉強するべきです。(本日の記事では移動平均線の見方を含めて、解説しようと思います。 )

 

エントリーの基準はシビアにならなくてはいけません。理由は、お金がかかっているからです。

 

資金がかかっていますので、売買の約定を成立させる前に、期待値がプラスの売買ルールを用意しなくてはいけません。今日の記事は移動平均線を使って解説しますが、当たり前ですが、

 

移動平均線の上にローソク足が存在する領域は、需要軍の制空権であり、空売り勢として参戦することは、論外です!

 

2本のトレンドラインが引け、上昇トレンドが確認できますが、需要軍として参加が許されるのは、四角の部分です。  移動平均線の上にローソク足が存在しないのなら、需要軍として参戦するのは危険です。

また、下降トレンドなら、移動平均線の下にローソク足が存在する領域は、供給軍の勢力圏であり、需要軍でこの空域に飛び込むのは論外です。

 

このチャートですと、1番左に丸があり、デッドクロスが出ています。これはつまり、「下に参ります!」という合図であり、移動平均線の下にローソク足が出たら、供給軍の勢力圏に入ってきたな、という気持ちの切り替えです。需要軍として参戦するのは論外であり、自滅行為です。

 

具体的に空売りで収益化できる領域は、左側の四角となります。 次に中央の丸でゴールデンクロスしていますから、相場の雰囲気が少し変わり、供給軍としての参加は見送りです。そして、1番右のデッドクロスで、再度、供給軍の領域に入り、空売りで黒字化できる部分は右側の四角となります。

 

このように、何でもかんでも利益化できる値幅ばかりではなく、この2つの四角の中から、損益比率が良好なポイントを発見できる、眼 というものが必要になります。

 

もし、この眼がないのなら、期待値が有利にならないため、売買を成立させればさせるほど、資金が減るはずです。

ゴールデンクロスとデッドクロスについてはこちらの記事で学べます。

Q ) 勝っている人は何分足でエントリーしているのでしょうか?

→勝っているスイングトレーダーは日足ローソクで売買しています

→勝っているデイトレーダーは、4時間足とか、1時間足とか、15分足とか、色々です。

勝利の秘密は時間足ではありません。

移動平均線を使ったエントリータイミングの測り方はグランビルの法則の記事。

移動平均線を使った、トレンドの栄枯盛衰の判定方法はこちらの記事です。

 

結論!)

デビューして1年目は負けて当たり前

この時期に、いろいろな相場環境を体験できるので、実は肥やし

この体験からの知恵が実はプライスレス

勤勉な取引、オーバートレードは好成績を約束しない

見習い期間は日足で!

見習い期間は手数減らす!

資金量を上げると、ムキになって、金融市場で煽り運転を始めて大事故を起こす

東証や外為市場は高速道路と同じくらい危険

稼ぐことに執着するのではなく、自分の売買ルール通りに注文を執行することに執着する(執着をずらす)

日足で稼ぐことに卒業したら、マルチタイムフレーム分析を学び、デイトレードに挑戦するのはアリ!

移動平均線の上にローソク足が存在するのなら、需要軍として参戦する!

移動平均線の下にローソク足が存在するのなら、供給軍として参戦する!

勝利の秘密は時間足ではない

 

本日もブログ閲覧ありがとうございます!

応援クリックにご協力いただけますと励みになります。

 

関連記事

  1. 株の売買・FX初心者向け、稼げない方向け! 稼ぎやすい相場とは!? チ…

  2. 反転反落 後編 ~稼げるようになるために当面は株初心者卒業を目指そう!…

  3. <入門!>FXチャートの見方  ~株を始める初心者がまず初めに読むおす…

  4. 株チャート、FXチャートの見方、教えます! エリオット波動! ~簡単な…

  5. FX初心者が稼ぐコツ  ←相場の雰囲気(相場環境)を認識する能力はmu…

  6. 初心者のための株のデイトレードとテクニカル分析  ~株を買う際、何を目…