株で儲けるにはどこで情報を仕入れたら良いか  ←稼ぐ力を高めて、進歩の有る人生を送ろうぜ!

Q) 株を短期で儲けている方は、どこで情報を仕入れているのでしょうか。

A) チャートですね。チャート情報で短期で注文を出していますので、仕入れている情報先は? と言われたら、チャートの需要と供給の情報となります。

週間ダイヤモンドとか日経新聞とか経済誌は使っていません。会社四季報にも、次の支持線が仕事するか、仕事しないのか書いていないため、読んでいません。(←書いてるなら読みます)

あくまで、需要と供給がすべてですね。支持線が仕事すれば利食い。支持線が仕事しなければ損切、以上です。

チャート上に表示される情報、つまり需要と供給で、どちらの陣営に加勢するかを決めており、損益比率が良好な「間合い」が来るまで、ブログ書いています。(トレーダーの仕事は待機です)

損益比率が良好な「間合い」に、ローソク足が近寄ってきたら、引き金を引いて、実弾が投機商品に姿を換えます(つまり約定です)

ハッキリ行って、トレーダーというのは、損益比率が良好な間合いにローソク足が入ってくるまでは、

注文出さないほうが儲かる

 

わけです 笑  トレーダーの仕事は、待機であり、利益確定とは、待機したご褒美です。

ただ、学業に飛び級が無いように、トレーダーも、証券口座を開設してから、ダウ理論 → 支持線 →抵抗線 →資金管理 →・・・  と1段1段、相場師の階段を昇りますので、

トレーダーとして成長するための意味としての

  どこで情報を仕入れているのでしょうか?

というご質問でしたら、私の場合、株本と、株スクール、FXスクールでした。IPOセミナーには行ったことがあります。

過去記事で何度か私が使用した株本を紹介しました。 トレーダーとしてある程度、成長した後は、チャート上の需要と供給の情報だけでOKです!

しかし、ある程度の熟練に至るまでは、良質な株本など、しっかりした教材はmustになる気がします。

 <以下、世相を考えながらの私の私見>

日本社会は、長い間、ピラミッド構造だったように思います。 ←こんな感じ

で、これは昭和の負の遺産だと思うんですが、力の強い者が、力の弱い者に無理難題を押し付けて、泣き寝入りさせる。下の者の幸せを吸血鬼のように吸い上げて、上層部が甘い汁を吸う、ってのが、昭和の負の遺産だと思うんですね。(最近の例ですと吉本興業とか)

<日本社会、イメージ図>

 

チョット前に、松居一代さんが、ホリプロから松居事務所への圧力に対し、You Tube上に「松居爆弾」を投下し、今度は、宮迫爆弾が炸裂して、吉本興業まで爆風が届いているわけです。(ボンバーマンみたいですね)

 

 

今後は、力の強い者が、力の弱い者に泣き寝入りさせて、甘い汁を吸う! て作戦ができなくなるんじゃないかな・・・とは思っています。(昭和の常識に寿命が来た)

 

 社会は多分、ピラミッド構造 → 水平 へと変化していきます。(電通のお客さんをユーチューバーに獲られていますよね、また、Amazonや楽天の出品者が、ヤマダ電機やコジマ電気やビッグカメラのお客さんを喰ってますよね)  多分、

 大企業は実力の有る個人に客を獲られます。

 

ITがそれを可能にします。

タイムリーな話題なので、例として挙げますが、吉本興業はだいぶ、お客さんを減らしたと思います。

 

 俺の方が力が強いんだから、泣き寝入りくらいやれよ? 誰に喰わしてもらってんだ? あ?

 

 とか言ってる時点で、爆風に殺られます。 

 ていうか、これ、力の強い者が甘えていますよね、、、組織の下部に。

ちょっと話が世相にズレましたが、私が何を言いたいかっていうと

 

 実力の有る個人に脱皮しないと、引き続き組織の上部に、吸血鬼の様に吸い上げられますよ、幸せを

 

って言いたいわけです。

私の会社員時代を振り返っても、命を削るように生きてました。(衣食住のためです)

<こういうの飲んで、仕事していました>

前職が予備校教師でしたから、予備校というカースト、ピラミッドの下から2番目の位置でした。

私の師匠格に当たる人から言われた言葉で、忘れられない日本語があります。

 お金を稼ぐ苦労が年々下がらない人の人生には進歩が無い

 

という日本語です。

今年、1万円を稼ぐ苦労が100だとします。 来年、1万円を稼ぐ苦労が90だとします。 再来年、1万円を稼ぐ苦労が80だとします。

この人は、稼ぐ力が向上しているわけです。(この人の人生には進歩があります

 

今年、1万円を稼ぐ苦労が100だとします。来年、1万円を稼ぐ苦労が100だとします。再来年も1万円を稼ぐ苦労が100だとします。

この人は、稼ぐ力が向上していません。 ←人生に進歩がありません

 <y軸=稼ぐ苦労  x軸=時間経過>

時間が経てば経つほど、人生が楽になるってのが、進歩の有る人生であり、命を削らない生き方であり、吸血鬼に吸い上げられない生き方の筈です。

稼ぐ力を高めるってのは、進歩の有る人生であり、反比例であり、従属しない! って生き方の筈です。

 

で、こういうの飲んで、黒板の前でチョーク握って授業やっていた頃の私は、押し目買いができなかったんですね。

あの頃の自分を振り返って、稼ぐ力が低かった。(今は、押し目、拾えますよ)

随分、勤め先から無理難題を吹っ掛けられましたし、パワハラらしき扱いも記憶に残ってるだけで10件くらいあります。

まだまだ自分も進歩の余地が随分残っているわけですが、とりあえずは、反比例は順調に進んでいる気がします。(進歩はしている)

で、質問に戻りますが

Q) 株を短期で儲けている方は、どこで情報を仕入れているのでしょうか。

A) 熟練した人であれば、チャート情報のみ(需要と供給)

熟練途中の人であれば、良質な株本、良質なトレードスクールとかが情報源となると思います。

手始めに「押し目買い」から手を付けてみると、進歩の人生は始まると思います。

押し目買いに特化した株本や、良質なトレードスクールの講師に押し目買いを教わったらいいんじゃないですかね。

自己投資の費用は東証や外為市場から回収すれば良いだけの話です。

結論!)

社会構造は、多分、カースト制のピラミッド → 水平になる

現に、ユーチューバーに電通はお客を獲られているし、従来型の大型店舗は、楽天やAmazonに出品している個人に客を獲られている  大手の力任せの圧力は、実力者には通用しない

実力の有る個人に対し、「弱い者いじめ作戦は通用しない」 ←爆風で返り討ちにされる

逆に言うと、実力のない個人は、昭和型のピラミッド構造の構成員として、引き続き昭和的扱い(弱者吸い上げ)を受ける

進歩のある人生は、年々、1万円を稼ぐ苦労が低下する(反比例)

稼ぐ力を高めて、年々、楽になろう!

命を削るような生き方は、時代遅れ

手始めに「押し目買い」の勉強から始めると、稼ぐ苦労は下がり始める!

 

お互い、進歩の有る人生、頑張りましょう!(私も頑張ります! )

 

本日もブログ閲覧、ありがとうございます。

応援クリックにご協力いただけますと、励みになります。

 

関連記事

  1. ダマシに狩られて損切貧乏の人のための、株のテクニカル分析 ~地合いが勝…

  2. 稼げない初心者のための、FXの移動平均線の見方について  複数時間足で…

  3. FXの転換シグナルをどう考えるか!?  ←稼ぐために高度な知識ってぶっ…

  4. 初心者が稼ぐために、株やFXの売買のタイミングをどう考えるか  ←グラ…

  5. <初心者向け>FXで稼ぐ方法  どんなテクニカルで売買をするべきか!?…

  6. テクニカル分析をし、FXのデイトレードをするにあたって、株の知識は必須…