<入門!>FXチャートの見方  ~株を始める初心者がまず初めに読むおすすめの1冊~  ゴールデンクロスを舐めない!

最近FXを始めた・・・最近、株の売買を始める予定。

何から学んだら良いか、わからない。チャートの見方を一通り学べる株本を教えて欲しい・・・

また、移動平均線を使ったトレンド判断を教えてほしい・・・

今までの人生で株や外国為替と縁がなかった場合、手探りで勉強しなくてはいけません。私の知る限り、親切丁寧に教えてくれるブログや株本はそういくつもありません。

こういう悩み、初歩的な悩みは本日の記事で解決できます。

<本日の記事を読む利益>

・初学者向けの1冊がわかります

・チャート情報の決定的重要部分が理解できます

・移動平均線を使った、チャートの見方の理解が深くなります

・チャートの見方に迷った折に、戻るべき1点が理解できます(初心に戻れる)

<本編ここから>

Q)FX初心者です。

FXのチャートの見方、分析の基礎を勉強したく、オススメの本をご教示下さい。

特に理論に沿った見方、やり方が書いてあるといいです。例えばトレンドライン、チャネルラインの引き方、移動平均線を使ったトレンドの把握法などが、一般的な理論に則って解説してあるといいです。

これらはネットでもある程度調べられますが、一度本にまとめて解説されたものに目を通したいと思っています。

よろしくお願いします。

あくまでグラフの見方、分析の仕方を記載した本であり、「こうすれば必ず儲かる」などのような本は探しておりません。分類としては比較的初心者向けの本になるかと思います

 

A) 私が使ったチャートの本は、投資の王道 新井邦宏さん です。 楽天で見つけました。

 

 

 

 

トレンドがいかに大事かについて書かれています。チャートの見方というのは、複雑化しようと思えば、いくらでも複雑化できてしまいます。

こちらの新井さんの「投資の王道」は、純粋なトレンドフォローの本です。また、インディケーターを1章割いて、解説していますが、本の中で、ローソク足が形成する トレンド  この重要性を、何度も何度も強調しています。(良書です)

トレードの難しい所は数点有るのですが、自分の経験を振り返って、100%が無いため、常に自分の知識不足を疑い、ありとあらゆるテクニカルを「しらみつぶし」

にし、チャート博士になるまで代償払ったのに「稼がせてもらえない」という心理的泥沼に陥る部分です。

 

これから沢山テクニカルを勉強すると思うんですけど、困った場合は必ず、ダウ理論に戻ってきて下さい。

 

上昇トレンドの定義2つ

下降トレンドの定義2つ

 

ここを大事にしてください。 トレードに限った話ではないですが、何かを学ぼうとした際、基礎を大事にするよう先導者から言われます。で、しばらく基礎を大事にするわけですが、慣れや油断が出始める頃に、基礎を軽く考え始めます。そういう時、スランプという現象が襲いかかります。

 

初心、忘れるべからず とはトレードの世界も例外ではありません。

 

チャート研究をやりまくる時期って大事ですし、回避すべき努力ではありません。しかし、チャート研究をやればやる程、基礎基本から遠ざかってしまうのが、トレードの怖い所です。

 

大事なことなので、強調しますね。

 

ローソク足が作り出す、トレンド判断を大事にしてください。

ローソク足が作り出す、トレンド判断を大事にしてください。

ローソク足が作り出す、トレンド判断を大事にしてください。

 

トレードというのは、相場の神様に逆らった時、損失で終わります。また、相場の神様に従った時、利益で終わります。

 

相場の神様というのは、群集心理です。

 

群集心理が何を言っているのか、チャートを見た時、「察する」ようになる必要があります。

 

チャートの群集心理と、自分の出した注文が合致した際、ご褒美として利益をもらえる感じです。これから沢山のチャートの見方の勉強をすると思うのですが、すべて群集心理を察するための補助、とお考えください。具体的に大事な部分は、「ダウ理論」となります。

 

値動き的なことを言えば、ダウ理論に勝てる重要度のテクニカルはありません。移動平均線など色々ありますが、ダウ理論が王者です。

 

 

色々なテクニカルがありますが、ダウ理論を色々と複雑化したに過ぎません。ですので、

 

チャートの見方に困ったら、常にダウ理論に戻ってくる

 

というマインドは絶対に用意しておいてください。

 

極論言いますと、ダウ理論と損切と資金管理だけでトレードは稼げます。

 

トレンドライン、チャネルラインの引き方、移動平均線を使ったトレンドの把握法など  ←ここが気になったので赤字にしておきましたが、トレンドライン、チャネルラインの引き方は紹介した本でバッチリ学べます。多分、ご近所のブックオフとかでも置いてあると思います。時間ある折に、ご近所のブックオフを探してみて下さい。

 

移動平均を使ったトレンドの把握方など  ←ここですが、ズバリ、ゴールデンクロスとデッドクロスです。

 

昔の私がそうだったのですが、ゴールデンクロスとデッドクロスは初歩的すぎて舐めてしまいます。で、舐めが入るとスランプに陥るのはトレードの世界も例外では有りません。

 

今後、沢山のチャートの見方を学び、高度なテクニカルを学ぶたびに、ゴールデンクロスとデッドクロスを軽く考え始めると思います。(高度な物を追求して、基礎を舐める →スランプ始まる)

 

経験浅い時期は、絶対に日足売買です(スイングトレード)。1回、日足に限定して、ゴールデンクロス完成にフォーカスして、トレンド継続を調べてみて下さい。

 

<ゴールデンクロス完成後はトレンドが「しばらく」継続する>

<デッドクロスが完成したら、トレンドはしばらく継続する>

ご利用の証券会社のチャートソフトを開いて、ローソク足と移動平均線だけを表示させる。そして、ゴールデンクロス完成後、ローソク足がどれだけトレンド継続したのか。デッドクロス完成後、どれだけ下方向にトレンドが継続したのか。これを沢山の通貨ペア、個別銘柄、CFD、先物などなど沢山のチャートを眺めてください。そして脳内記憶を強化してください。

 

我々トレーダーはトレンドに付き合っていかなくてはいけません。この1点はどれだけ強調しても強調のし過ぎではありません。仕事したり仕事しなかったりで「いい加減なテクニカル」ですが、GC,DCというのはかなり信用できる部類です。

 

トレンド継続は永遠ではないので、どこかで損切る未来が待っているのですが、トレンド判定の移動平均なら、断固、ゴールデンクロスとデッドクロスですね。

 

勉強している途中で、勝率高めたい、とか、損益比率を追求したい、とかマーケットノイズに狩られたくない・・・とか次のステージの課題にぶつかると思います。

 

その課題にぶつかった折は私のブログに戻っていただければ、課題解決の一助にはなるかと思います。

 

次のステージに進んでも、ダウ理論とゴールデンクロス、デッドクロスを大事にする! というチャート界の掟は、迷ったら絶対に戻ってきてください。初心、忘れるべからずです!

 

結論!)

チャートの見方に迷ったら、必ずダウ理論に戻ってくる! このマインドはMUST

ゴールデンクロスとデッドクロスは、仕事したり仕事しなかったり頼りにならないテクニカルの中でも「信用できる部類」

一度GCが発生したら買っていればどれだけ儲かっていたか、沢山の銘柄で目視確認してみる

一度DCが完成したら、株を空売りをしていればどれだけ儲かっていたか、沢山の銘柄・通貨ペアで目視確認してみる

こういった、テクニカル完成後のローソク足の歴史(どのようにローソク足が進んだか)を目視確認し続けるのが、あなたを相場界のニュータイプへと育てる。(圧倒的強者)

 

初心者向けにチャートの見方を網羅的に学びたいのであれば、投資の王道が適切(初心者向け教材)

 

 

初学者はご近所のブックオフや図書館を探してみて下さい。

 

 

 

関連記事

  1. 株チャート、FXチャートの見方教えます! ~お問い合わせへの回答~ ト…

  2. デイトレードとは ~トレーダーの仕事は「待つ事!」~

  3. 株や為替(FX)、先物取引における利益確定 ~検証ソフトを回すべし!~…

  4. ボリンジャーバンドは使うべきか、それとも単純移動平均線(SMA)を使う…

  5. お金の落ちている所はここ!この動画で儲けのメカニズムを学ぼう!

  6. もみ合い相場(前編) ~FXチャート、先物チャートの見方教えます~