株価チャートとテクニカル ~株やFXの売買は飛び込み営業に似ている!~

Q)テクニカル分析だけで未来チャートを予測するのは当て難いですか?

 

A)テクニカル分析をどれだけ真剣に勉強しても、未来チャートは見えるようにはなりません。

今のローソク足の右に存在するであろう、次の見えないローソク足が陽線かもしれないし、陰線かもしれません。また、寄り引き十字線かもしれません。

<見えない>

見えないため、将来は不確実です。次にローソク足がタッチする下値支持線が仕事する事もあります。下値支持線が仕事せず、抜けてしまう事もあります。

ですので、相場の本質は不確実(リスク)です。

そこで、テクニカルを猛勉強するわけですが、どれだけ猛勉強しても未来は見えるようにはなりません。また、見る必要もないです。

 

未来予測が不可能で、未来を予測する必要もないです。

 

ローソク足の未来イメージと、自分の注文が合致すれば、めでたく利益確定。残念ながら未来イメージが外れてしまった場合は、損切。株の売買はこれだけです。

 

ですので、未来イメージの精度を高めるために、テクニカル知識の総量を上げ続ける、という努力は決して無駄ではない気がします。

 

テクニカルというのは、ハッキリ言って信用ならないですし、いい加減です。

 

テクニカルが仕事する事もありますし、テクニカルが仕事しないことも結構あります。つまり、だらしないのがテクニカルです。

 

一般の世界は、信用できます。

 

頑張れば給料もらえますし、受験に例えるなら、数学には公式が有って、公式はシッカリ機能します。語学なら英文法ってのが有って、英文法はシッカリ機能するので、英作文や長文読解ができるわけです。スポーツに例えるなら基本があって、基礎連を頑張っていれば、ある程度何とかなってしまいます。

 

一般の世界には、「まず、間違いない」という部分が有って、そこを真面目に取り組めば、まぁまぁの成績が出せてしまいます。

 

※)職場でも「業務マニュアル」みたいな物があって、それを真面目に使っていれば、何とかなってしまいます。

 

一般の受験やスポーツ、職場と違って、投機の世界には、「まず、間違いない」という部分がないのです・・・

 

一皮むけた相場師ってのは、この点が「いい意味で割り切っていて」 あ~はいはい、今回は損切ね!

 

と、ドライな部分があるわけですが、一般の世界に慣れ親しんだ人が、相場の世界に来ちゃうと、一般の常識を相場に持ち込み始めます。

 

「まず、間違いない部分」が相場にもあるんでしょ?

 

という常識です。(公式や英文法、業務マニュアルやスポーツの基本動作)

 

ですので、相場師として経験浅い時期は、「まず、間違いない部分」を真剣に探します。(聖杯探し)

 

で、仕事する事もあるわけです。MACD学んだらMACDが仕事した!無事に利益確定で終わった!「 MACDサイコー! 」

 

で、MACDが急に仕事しなくなって、急にMACDがだらしなく見えて、別のテクニカルを勉強します。「MACDカスだわー、次は、ボリンジャー行っとく?」

 

こんな感じで、居酒屋をハシゴするように、テクニカルをハシゴします。

 

何でハシゴするかっていうと、一般の世界には、「確かな部分」があるからです。(公式や英文法、業務マニュアルなど)

で、相場にも「確かな部分」が有るに違いない、という一般の常識を捨てきれず、次の偉大なるテクニカルをハシゴします。(聖杯探し)

 

聖杯探しは悪く言われがちです。でも、聖杯探しは決して無駄ではなく、例えばですが

①テクニカル知識が底上げされる

②「確かな部分があるはずだ」という一般の常識をぶち壊してくれる

③これ以上、テクニカルを勉強しても無駄だわ。資金管理と損切が最強だわ

 

色々学べてしまいます。(実はリターンが多い)

 

まだ、この心境に達していない方は、テクニカルを勉強しまくってください。絶望するまで偉大なテクニカルをハシゴしてください。(近所の書店で1800円くらいのチャート本に書いてあります)

 

ある日、割り切りが出て、違ったら切ればいいわ

 

という達観に届きます。

 

この達観に届けば、後は早いです。後は検証の世界です。

 

このテクニカルが発動(例えばゴールデンクロス)した後に、どれくらいトレンドが継続するんだろう・・・どれくらいマーケットノイズに狩られるんだろう、利食い幅はどれくらいにして、損切幅はどれくらいにして、玉はどんな感じで乗せていこう・・・

 

等々、売買ルールの設計図をバックテストで裏を取るだけです。(検証ソフトを使う)

 

で、期待値に優位性の有るバックテストに従って、注文を成立させるだけ。合っていたら利食い。違ったら切るだけ。

 

 

株も飛び込み営業も原理は同じです。 100%が無いので、違ったら切れ! 合っていたら利益確定。

 

100%のない世界で、100%を求めると精神を病みます。スゴロクや飛び込み営業で100%を求めていたら精神を病みます。

 

 

質問の回答に戻りますね!

Q)テクニカル分析だけで未来チャートを予測するのは当て難いですか?

当てるか、当てないかは相場の神様が決めることです。

未来チャートの予測は人間業ではないし、当てようと思って当たるものでもありません。

飛び込み営業の成否は、お客さんが決めます。うまくいくまで繰り返すだけです。

株も同じで、銘柄や指数が決めることです。

どれだけテクニカルを猛勉強しても、当たる時もありますし、当たらない時もあります。違ったら切るだけです。飛び込み営業と同じです。次いきましょう。

早く、一般の常識を卒業できるといいですね!

結論!)

①株と飛び込み営業は似ている

②当たったら利食い。違ったら切れ!(飛び込み営業と同じ)

③一般の常識(確かな部分が有る)は、相場の世界では邪魔!

④聖杯探しやって、達観できるまで聖杯探し頑張ろう!

⑤達観に成功できたら、バックテスト頑張ろう!

⑥検証ソフトのおすすめは、フォレックステスター(FT2、FT3)

⑦資金量下げて、損切のダメージを下げるのが、秘訣。(飛び込み営業と同じ原理)

⑧テクニカルを使って未来を100発100中当てるのはなく、損切が出ることを事前に前提とした、期待値プラスの売買ルールをバックテストで事前に用意しておく。(テクニカルはだらしない)

関連記事

  1. 株式トレードで成功するために、「先読みの力」は必要か? ~株やFXで儲…

  2. 株の売買やFXで儲かる前に「押し目をつける」 大事なことは辞めないこと…

  3. <入門!>FXチャートの見方  ~株を始める初心者がまず初めに読むおす…

  4. 相場師は勝つことで勘違いする  ~まぐれは何度も連続しない スランプ脱…

  5. <初心者向けチャートの見方>失敗例紹介! 株と為替は勢力図の判定に失敗…

  6. デイトレについて。デイトレの株セミナーに行く前に読む! ~時間軸は短い…