FXの失敗トレードは「宝の山」 ~うまく行かなかった売買から「教訓」を得るのが吉~

損失トレードは宝の山

あー、自分の根拠、間違ってたわ。結局は「転換」か・・・

ヒゲで狩られた・・・判断は悪くなかったが、利食いさせてもらえなかった・・・

利食いを欲張りすぎたな・・・せっかくの含み益が「潰れて」しまった・・・

 

売買には後悔がつきものです。ストップ狩りに遭って、切った後に順行しても「後悔」が残りますし、利益確定した後に、大陽線を目撃してしまうと、「後悔」が残ります。

前回の早すぎる利食いを反省して、含み益のポジションをホールドしていると、どんどん含み益が潰れていきますw

 

下ヒゲ最先端で買って、上ヒゲ最先端で売ることが、人間業ではないので、実は売買というのは100%の確率で「後悔」が出ます。

<本日の記事を読む利益>

・売買日記に損失トレードを書く利益が学べる

・証券口座は減ってはいるが、損失トレードには「宝」が眠ってる事に気づきます。

・減ってしまった証券口座をリカバリする方法、知恵・経験をどうやって資金に換えるかについて書いています

 

<本編ここから>

 

根拠を整えて、エントリーします。

根拠が機能して、思ったようにローソク足が動いてくれると儲かりますし、反対方向にローソク足が逆行すると、当然、損が出ます。

 

トレーダーにはエントリーする際に、「期待」があるはずです。

 

期待通りに動けば、慢心するし、期待が外れると

 

「マーケットに裏切られた」

 

気分がします。

 

トレードというのは熟練するまでには、精神的に負担の大きい行為です。

 

ロスカットが出ると、証券口座が減るわけですから、金銭的にもキツイ時期は間違いなくあります。

 

そして、実は資金が減るのは順調です。資金が減ると、

 

「自分の取り組みは間違っているのではないか?」という疑念や不安が心をよぎる

 

のですが、実は順調です。授業料を東証や外為市場に納めているわけです。

 

支持線が機能するかもしれないし、支持線が機能しないかもしれない。移動平均線で反発するかもしれないし、反発せず、移動平均を突き抜けてしまうかもしれない。

 

根拠が機能することもあるし、根拠が機能しない場合もある。

 

100%機能する根拠がない以上、資金が減るのは実は順調です。(資金が形を変えて、知恵や経験に化けたわけです。←お金は減ってない)

 

ここで私が強調したいのは、

 

「損失トレードは宝の山」

 

ということです。売買日記を書いてほしいのですが、なぜ損で終わったのか、こういう事をすると負けるのか、とか大量の損失トレードのデータをノートに書いておいてほしいのです。

 

損失トレードが20~30くらい溜まってくると、「負けの共通パターン」が見えてきます。

 

その「負けの共通パターン」を1個1個減らしていくのが、トレード熟練への道です。

 

今のうちに負けておいて、

 

「将来の負けの芽を刈り取っていく」

 

のです。

ですから、売買日記を書いておくと、勝利トレードと敗北トレードの大量のサンプルが備蓄されます。

 

そして、自分の勝利パターンと敗北パターンを仕分けし、敗北パターンを1個ずつ減らしていく。そうすると稼げるトレーダーになります。

 

参考までに私の負けパターンを書きますと

・ダマシに狩られて利確させてもらえない

・先週、先月の負けを取り返そうとして、掛け金を上げる

・ダマシに狩られて、ムキになって、再エントリーは倍の資金量で入り直す

・ローソク足に置いて行かれるのが怖くて、調整を待機せずに、ジャンピング・キャッチ → ふるい落としで「ふるい落とされる」 →そのまま順行

 

等々・・・ 書くだけで恥ずかしい私の過去の失敗例ですが、売買日記を読み返すと「My負けパターン」が見えてきます。

 

実はこの「My負けパターン」の自覚が 宝の山です

 

 

実は私、トレード以外に「占い」を勉強した事があります。

 

 

陰と陽はこの宇宙の「縮図」でして、我々が住む宇宙は「陰」と「陽」が交互に顔を見せます。

例)  昼 → 夜 → 昼 →・・・

夏 → 冬 → 夏・・・

男は陽、女は陰、

奇数は陽、偶数は陰、

満月は陽、新月は陰

長所は陽、短所は陰

 

相場の世界も、陽(上昇トレンド)極まって、陰に転じます(Wトップ、ヘッド&ショルダーズ) また、陰(下降トレンド)極まって、陽に転じます。

 

挙げればキリがないので、これ以上は割愛しますが

 

相場師としての階段を昇る際にも、上昇トレンド(陽)と調整局面(陰)の両方があります。

 

資金が減った、素直に自分のトレード人生が順行しない・・・

 

今、相場師人生の「押し目」をつけている人は、資金も精神も「陰」になっている、と思うのですが

 

陰の時期に未来の飛躍の燃料をためているわけです。

 

睡眠時(陰)に休養をとって、昼(陽)に備えるのと同じ構図です。(燃料補給)

 

陰の時期(損切が続いている、資金が減っている)は次の飛躍のための燃料ですから、この陰の時期」に、敗北トレードから大量の「教訓」を頂戴する、というのが、次の飛躍の起爆剤となります。

 

トレーダーとしてベテランになるためには、負けの原因を1つずつ「つぶしていく」。

 

この作業は極めて有効です(負けにくくなります)

 

今、中級者の方で、損切が続いて泣きそうな方、証券口座がどんどん減っている方は実は「順調」です。

 

中級時代には必ず起きる現象ですから、

 

将来の「負けの芽」を潰している

 

 

んだな、という認識に切り替えて、売買日記の執筆を続けていきましょう。(相場師人生も、陰が極まったら、陽に転じます

 

ノックダウンはOKです。ダウン取られても、10カウント以内に立てば、勝利への過程となります。

 

トレードで1番やってはいけないことは、ギブアップによるKO負けです。

 

ノックダウンはOKですが、ノックアウトは絶対に駄目です。

 

中級→上級者への道は誰もが通りますが、この時期の過ごし方は

 

・儲けることは一旦脇に置いて、上達することを優先する

・小さな資金量でエントリーし、損切しやすいようにする(資金量が小さいと、ヒゲに狩られにくくなる)

・経験値を上げて、自分の負けパターンの共通点を売買日記に記し、1つ1つ「未来の負けの芽」を摘んでいく(=勝利への道)

 

熟練への道は大変ですが、相場師としての階段には「押し目」と「再上昇」が有ると知っておいてください!陰の時期に終わりはあります(季節と同じです)

 

結論)

・見習い期間は東証や外為市場に授業料を納めている

・英会話やスイミングスクールと同じで、習い事をする際、授業料を納める事は、自然なこと

・よって、資金が減るのは順調

資金が知恵や経験に化けただけで、実はお金は減ってない(姿かたちを変えただけ)

・化けた知恵や、経験がお金を招くか、招かないかは、売買日記の損失トレードから教訓を得るか、得ないか、で運命が分かれる。

・陰極まって、陽に転じる。チャートも、季節も、相場師の階段も同じ構図。

・今の「陰の時期」にも終わりはある!

 

 

 

関連記事

  1. FXチャートと反転反落  ~トレンドはフレンド、しかし悪友も居る!~

  2. FX取引でいくら稼ぐの!? FXのコツ ~株やFXで稼ぐ倍率は税理士く…

  3. FXチャート解説! レンジの場面  ~上下のトレンドでしか稼げない人へ…

  4. 2018年を損小利大にできなかった相場師の方へ ~人間が幸せになるため…

  5. FXで確実に儲かる方法は存在するか? 初心者は判定基準がザルなので、チ…

  6. <株・FX初心者向け記事>相場は軍隊の次に厳しい世界!  ~FXで失敗…