お知らせと、本物の株本を紹介! ~FXのおすすめの本を紹介しています~

さて、今までの動画、ブログは「入門期」向けの内容でした。明日以降は、ちょっと難易度が上がり、「中級者」向けの内容となります。

別のブログ記事でも書いているのですが、トレーダーには「ステージ」があります。誰もが相場師1年生から始まり、相場の階段を1段1段上がっていきます。

明日以降書く記事は「相場師の疑問点」に答えていく記事が多いと思います。入門期の内容は「具体性」を大事にして記事を書いてきました。FXのコツは随分今までの記事で書きました。

例えば、ダウ理論トレンドライン下値支持上値抵抗グランビルMACD 等、具体的なチャートの見方を解説してきました。

具体的な事を学べば、とりあえずは「新規注文」を出せます。注文を出せば、損切 or 利益確定 or 同値撤退  のどれかの結果が出ます。

根拠を決める  → 新規注文を出す  →売買の履歴を、コクヨのノートに記入する(売買日記)  でしたね!

具体的な事を学ぶ  →学んだとおりに注文出す  →結果出る

この結果で、嬉しい結果と、嬉しくない結果の両方が出ます。

そこで、「中級者」にステージアップした相場師は悩みます。なんで嬉しくない結果が出たんだろう・・・自分の手法が間違ってるのかな・・・もし自分の手法が間違っていないなら何故、僕の証券口座は上昇トレンドにならないの? もっといい株本ないの?  等々

中級者の特徴として、「悩む」「迷う」「疑問点が出る」・・・こういう特徴があると思います。

明日以降は、疑問点に答えていくスタイルを取ろうと思っています。多分、具体性が下がり、抽象性が上がると思います。

<明日以降の想定読者像>

・一通りのチャートの見方を勉強している

・リアルマネーで10回以上売買をした「経験」があり、不明点や疑問点が増えてきている

・感情の上下に手こずり始めている

・モチベーションが下がり始めている

・証券口座が上昇トレンドを形成せず、悔しい、焦りを感じる

 

こういう層を想定して記事を書く予定です。(中級者の特徴です)

もし、明日以降の記事が、「難しい・・・」とか「言ってる意味が分からない・・・」と感じたなら、恐らく、初級者を卒業できていません。ぜひ、私の過去の記事やブログで知識面を補充して、10回ほどリアルマネーで注文を出してみて下さい。

明日以降、私の記事を読んでみて、なんか難しくなったな・・・このブログ。と感じたら、入門的内容を徹底しましょう。

本日は「本物」の株本を紹介します。これで入門的内容を卒業し、中級者の入学試験に合格してください。FXで勝つ、FXで儲かる為には絶対に読んだほうが良い本です!

 

生涯現役の株式トレード技術  著者:優利加 さん  出版:パンローリング社

 

 

 

相場の世界は不親切な本・不親切な情報が多いのですが、この本は別格に「本物」です。

私が見習い期間にお世話になった株本を部屋のダンボール箱から引っ張り出して読み返してみたのですが、非常に、非常に、非常に「質」が高い!

具体的には、

・相場技術、エントリーの「型」

・心構え

・相場と向き合う姿勢

・相場の全体像と上達について

私はブログで「心」と「技」両方が必要だ、「心」と「技」は車の両輪だ! と過去に語っているのですが。「心」と「技」の両方を高い水準で磨ける本です。

私がおすすめできる本物教材は数点あるのですが、5本の指に入る質の高さです!

入門期を本当に卒業できたかどうか、心配が残る方は、この株本で初歩的内容の完成と、中級時代の予習をやってみて下さい! 10回ほどリアルマネーでエントリーして、経験値向上も図ってくださいね!(大事故起こさないように、資金管理ルールは徹底して下さい!)

以上、入門的内容はこれでおしまい、明日以降は中級者向け内容のお知らせ、そして本物教材の紹介でした!

いつもブログを読んで頂き感謝しています!  それではまた明日!