デイトレードとは ~トレーダーの仕事は「待つ事!」~

デイトレードは有名な言葉ですので知らない方は少ないと思います。
別名、「日計り商い」とも言われます。

買った株を、その日の間に売ることです。(or 空売りでエントリーして、買い戻す)
東証は15:00に閉まりますから、翌日に持ち越さないことですね。

為替の場合、24時間動いていますから、NY時間のクローズ(日本時間、午前7時)を超えないことです。
一般にTVなどに出てくるトレーダーは「デイトレーダー」と呼ばれる人が多いです。

パソコンの画面を数枚用意して、忙しそうに注文を出しているイメージが強いと思いますが、ちょっと違います。

トレーダーはそんなに忙しくないです。実際は「待っている時間」の方が長いです。
トレードには、簡単な値動きや「よくわからない」値動き がありますので、簡単でわかりやすい値動きになるまで新規注文は出しません。

  トレーダーの仕事は「待つ事」です!

この辺、テレビのイメージに騙されないで欲しいのですが、稼いでるトレーダーは市場選定がうまいです。

難しい市場は避けて、簡単な相場だけ注文を出しています。
野球で例えると、ボール玉を見送って、打ちやすいストライクだけ打っていく、そういう感じです。

市場選定(わかりやすい相場だけ狙う)というのは中級者的な内容かな・・・と思いますが、今から知っておいて損はないと思います。
初級者でも利益を出すことはできますから、利益が出て、「鼻息フンフン」になってあの値幅もこの値幅も稼いでやろう、という意識が出始めるのが、初級者後半~中級者後半です。

こうなると、証券口座はボロボロになります。

トレードで損する人、トレードで得する人、何がどう違うのか、これはメルマガで語っています。
気が向いたらメルマガ登録してくださいね。

本日の記事は、「デイトレードってのは本日中に取引を終了させる取引だな」という認識で大丈夫です。
この認識ができれば、本日の学びは合格です。こちらの記事をご覧の中級者の方(株や為替を始めたけど稼げない方)は、「市場選定」を意識して下さい!

具体的に言うと、「わかりやすい値動きの金融商品だけを手掛ける」という意味です。

トレードの道は学ぶことが多いので、1個1個、不明点を減らしていきましょう。

関連記事

  1. 株FXで儲かるために、途中で挫折(=失敗)してはいけません!株FX初心…

  2. 売買ルールを作る! ~利益の出る売買ルールの作り方!~

  3. 株初心者・FX中級者が稼げない理由教えます! 株FXチャートの見方も解…

  4. FXのやり方、株の売買紹介します! 株や為替(FX)で儲かるためには期…

  5. 信用取引は諸刃の剣! 掛け金を絶対に上げないこと!

  6. デイトレードに挑戦するのはスイングトレード(日足売買)で稼げるようにな…